トップ > 日本の仏師 > 石原良定

石原良定

石原良定
  • 1972年 群馬県生まれ。
  • 1995年 富山県在住の仏師 砂田清定氏に師事し、2006年独立。雅号を良定とする。
  • 以後、木彫の里「井波」を拠点に寺院や個人からの様ざまな要望に応え、仏像に限らず神像や縁起物などの作品も制作。多くの若手仏師の中でも将来を約束された実力派仏師。

インタビュー動画Interview

エピソードEpisode

富山 八乙女山麓に広がるのどかな町、井波。
古くから木彫りの里として栄え、現在も欄間、獅子頭などの伝統工芸品を生み出し多くの井波彫刻職人が住んでいる。町なかを車で走れば次々と彫刻看板が目にとまり、普通の民家にも美しい彫刻の数々が潜む。

石原仏師は瑞泉寺という井波町発祥の寺院の近くに住む。
気さくな笑顔で迎えてくれ、自宅までの道すがら、瑞泉寺参道や八日町に点在する彫刻専門店や、表札・看板彫刻の意味や歴史を教えてくれた。

工房は青々とした田畑の隣にあり、入ってまず目についたのは粘土で作られた仏像。石原仏師は粘土を用いた原型をもとに木彫仏像を制作している。粘土像にはナンバリングが付けられ、それだけで力強い存在感を放つ。柔和な表情で「なぜ井波なのか」「なぜ仏師を目指したのか」を師弟関係を交え話してくれた石原仏師が作る仏像の表情は豊かで、時に荒々しく、時に穏やかで、目を離した隙に動き出すのではと思うような躍動感を持つ。

それは仏師石原良定の精神と、井波の伝統彫刻に囲まれた環境が融合し作り上げられたものであることを実感した。

ギャラリーGallery

  • 毘沙門天 - 石原良定作

    毘沙門天 - 石原良定作

    商品番号:590-027

    販売価格:1,320,000円

    渾身の力作「毘沙門天」 仏師・運慶の代表作【毘沙門天】を現代の仏師【石原良定】先生が新しい表現で彫刻した作品です。主に不動明王など力強い作品が得意な先生に無理を言ってお願いし、実現した毘沙門天像。制作期間約2ヶ月を費やし、運慶作品の特徴である力...

    商品ページへ

  • 十一面観音 - 石原良定作

    十一面観音 - 石原良定作

    商品番号:590-030

    販売価格:1,485,000円

    端正な顔立ちの十一面観音。 平安初期彫刻の傑作【十一面観音】を現代の仏師【石原良定】氏が新しい表現で彫刻した仏像ワールドオリジナルの作品です。国産のクス材を使用して美しいスタイル、造形全体のバランスを井波彫刻の技術を駆使して再現いたしました。仏...

    商品ページへ

石原良定