トップ > 日本の仏師 > 十一面観音 - 石原良定作

十一面観音 - 石原良定作

商品コード : 590-030
価格 : 1,458,000円(税込)
ポイント : 43,740
数量
 
完売

商品番号 590-030
商 品 名 十一面観音 - 石原良定作

在庫のある商品は店舗にてご覧いただけます。
ご希望の際は各取扱い店舗までお問い合わせください。※店舗に通常展示品以外の在庫はございませんので
ご覧いただくまでにお時間がかかる場合がございます。

品切れ

日本の仏師「石原良定」作。端正な顔立ちの十一面観音。

平安初期彫刻の傑作【十一面観音】を現代の仏師【石原良定】氏が新しい表現で彫刻した仏像ワールドオリジナルの作品です。国産のクス材を使用して美しいスタイル、造形全体のバランスを井波彫刻の技術を駆使して再現いたしました。仏師渾身の力作です。

仏師【石原良定】

■略歴

1972年
群馬県生まれ
1991年
高校卒業後、アメリカの大学へ
1994年
大学中退後、オーストラリア、カナダを回り帰国
1995年
富山県在住の仏師 砂田清定氏に師事
2003年
群馬県 大泉文化むらホールにて個展開催
2006年
結婚と同時に独立 雅号を良定とする
2010年
群馬県 太田市学習文化センターにて第2回個展開催
2012年
タイ ウボンラチャタニー県にてウボンワックスフェスティバル参加 高さ3m、横幅・奥行き1mの蝋で不動明王制作

石原 良定先生の彫刻作品をもっと詳しく

仏像解説:十一面観音とは!?

頭上に十一の顔を持ち、全ての方向を見守ってくれる観音菩薩

苦しんでいる人をすぐに見つける為に、頭の上に11の顔があり、全方向を見守っている。 また、それぞれの顔は人々をなだめたり怒ったり、励ましてくれたりするといわれている。 十種勝利(現世利益)と四種果報(死後成仏)という様々なご利益があり、千手観音菩薩と並んで人気の高い観音である。 六観音の一つに数えられ、修羅道に迷う人々を救うとされる。 奈良時代から多く信仰されるようになり、延命、病気治療などを願って多く祀られるようになった。 ちなみに後ろの一面は暴悪大笑面といい、悪行を大笑いして改心させ、善の道に向かわせるといわれている。

十一面観音 (仏像ワールドの仏像辞典)

サイズ・素材・商品内容

十一面観音 - 石原良定作(商品番号:590-030)のサイズや素材などの諸情報です。

サイズ
高さ:420mm 幅:180mm 奥行:180mm
素材
クス
制作地
日本 (石原良定 先生)
商品内容
仏像は一体式の為、分離できる付属品はありません。
ご案内
完売いたしました。限定品、もしくは1点ものの作家作品のため、今後制作はいたしません。
仏像のご相談
サイズが合わない!色が好みと違う!・・・
ご希望の仏像の取り寄せやオリジナルの仏像を
制作することができます!是非、ご相談ください。
特注仏像について
商品について