トップ > 日本の仏師 > 藤田燿憶 > 木喰仏「如意輪観音像」 藤田燿憶作



  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

木喰仏「如意輪観音像」 藤田燿憶作

商品コード : 590-069
価格 : 220,000円(税込)
ポイント : 6,600
数量
 
サイズ
高さ210mm 幅140mm 奥行80mm
素 材
木曽檜
完売しました。

商品番号 590-069
商 品 名 木喰仏「如意輪観音像」 藤田燿憶作

店舗在庫について

店舗に展示していない商品でもウェブショップでご覧いただいた中で在庫がある商品に関しましてはお問い合わせいただければお客様のご来店日時に合わせ店舗にて展示いたします。

お取り寄せフォームへ

お電話でのお問い合わせは、下記店舗まで

イスム表参道店

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-48-3 サンエムビルB1F・1Fグーグルマップ

TEL:03-6419-7822
受付時間:11:00〜20:00 休業日: 年末年始

仏師・作家・製造元の紹介

仏師 藤田燿憶
仏師 藤田燿憶

大人気発売中の木喰仏「如意輪観音像」の木彫原型を特別販売!

庶民に寄り添う木喰の精神にならい、藤田仏師が入魂の技で彫り上げた木喰仏「如意輪観音像」の原型を特別販売いたします。こちらの作品はこの世に一つしかない特別限定作品です。

モデルに選ばれたのは、木喰上人87才の時の作品で、柔和な微笑が極まる最高傑作の一つとされます。人びとの願いを意のままに叶えるという如意輪観音の御利益も選定の決め手となりました。

見る者の心和ませる慈愛に満ちた微笑み

江戸時代後期、日本中を巡り一千体を超える仏像を彫り続けた木喰明満上人(通称 木喰上人)。享保3年(1718年)に甲斐国八代郡古関村(現、山梨県身延町)の農家に生まれ、14歳で江戸に出て奉公に励むも封建社会下の不平等さから22歳の時に出家。45歳で木喰戒(木の実しか口にしない厳しい修行をする僧)を受け、56歳になると自ら発願した日本廻国の旅に出て、各地で仏像を彫り遺しました。
木喰仏の像容には、凄まじいまでの制作意欲と宗教的実践を経た思いが反映され、80歳以降に彫られた像の尊顔には微笑みが見られるようになります。90歳に至るとその業は一層冴えわたり、後年、宗教学者の小島通生氏が名付けた「微笑仏(みしょうぶつ)」と呼ばれる数多くの傑作を生み出したのです。

柳宗悦が見出した野と民のための仏像――木喰仏

民芸運動の父と称される思想家 柳宗悦(やなぎむねよし)は、大正13年(1924年)1月9日、李朝陶磁器の調査のため山梨県池田村の村長で古美術品蒐集家の小宮山清三氏を訪ねた際、木喰仏と運命的な出会いを果たします。

「仏像は暗い蔵の前に置かれていました。その前を通った時。私は即座に心を奪われました。その口元に漂う微笑は私を限りなく惹きつけました。尋常な作者ではない。異数の宗教的体験がなくば、かかるものは刻みえない」

ほぼ一世紀もの間、完全に忘れ去られた存在であった木喰仏再発見の瞬間に柳氏が発した言葉です。無名の職人たちが作る日用品の美を“民藝”と称え、民藝運動の父と称された柳氏は、この運命の出会い以降、木喰の研究に明け暮れ、およそ半年で約350体の木喰仏を発見。さらに2年かけて木喰の廻国ルートをたどり調査を続けました。

仏像のご相談
サイズが合わない!色が好みと違う!・・・
ご希望の仏像の取り寄せやオリジナルの仏像を
制作することができます!是非、ご相談ください。
特注仏像について
商品について