トップ > DM掲載品 > 伊勢神宮 御神木「ボールペン」

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

伊勢神宮 御神木「ボールペン」

商品コード : 640-113
価格 : 16,200円(税込)
ポイント : 486
数量
 
サイズ
長さ13.6×最大同軸1.4cm
素 材
伊勢桧/御山杉
納 期
3週間以内(取り寄せ)

商品番号 640-113
商 品 名 伊勢神宮 御神木「ボールペン」

在庫のある商品は店舗にてご覧いただけます。
ご希望の際は各取扱い店舗までお問い合わせください。※店舗に通常展示品以外の在庫はございませんので
ご覧いただくまでにお時間がかかる場合がございます。

伊勢神宮の式年遷宮の際に払い下げとなった神聖なる御用材を用いた、ハンドメイドの希少な木軸筆記具!

「お伊勢さん」や「大神宮さん」との呼び名で親しまれている伊勢神宮(正式名 神宮)。天照大御神をお祀りする内宮(皇大神宮)、豊受大御神をお祀りする外宮(豊受大神宮)を中心に14の別宮、43の摂社、24の末社、42の所管社を合わせ125社から構成されています。これら社殿の棟持柱には伊勢神宮の神域で育てられた御用材とされる伊勢桧が用いられており、20年に1度、内宮・外宮の正宮と14の別宮の社殿などを造り替えて神座を遷す「式年遷宮」が行われます。今回ご紹介する筆記具は、平成25年(2013年)の第62回式年遷宮の際に払い下げられた御用材、つまり平成5年から25年までの20年間、伊勢神宮の神殿に用いられていた伊勢桧が胴軸に用いられているのです。さらに胴軸の一部(茶色部分)には御山杉(みやますぎ)がインサートされています。伊勢神宮の敷地に育った杉と、その種子から神宮の神域で生育された杉は神宮杉(じんぐうすぎ)と呼ばれ、天照大御神が宿られる依代として祀られ、数百年もの間この地を守る御神木として大切に育てられています。ごく稀に、その神宮杉が自然に倒れることがあり、それが払い下げられる際に御山杉と呼称を変えるのです。

伊勢桧と御山杉はごく限られた10社のみに払い下げられる極めて希少な御神木

本商品は、この二つの極めて希少な御神木を用いて、伊勢のクラフトデザイナー・野村収氏が創作したものです。野村氏の工房「杢杢工房」は伊勢神宮の御神木の払い下げを受ける数少ない業者の一つで、筆記具の工房としては唯一となります。銘木コレクターとしても知られる野村氏の生み出す筆記具は、表面塗装を極力薄くすることで木の持つ風合いを最大限生かすことを特徴としています。

※本商品は、第62回式年遷宮の際に払い下げされた、実際の神殿に用いられた伊勢桧で制作されていますが、この在庫が無くなり次第、伊勢神宮の神域で育成された伊勢桧の間伐材に素材を変更いたします。この間伐材も10社のみが扱える希少なものですが、払い下げの御用材を用いた現行品は一際貴重なものといえます。

仏像のご相談
サイズが合わない!色が好みと違う!・・・
ご希望の仏像の取り寄せやオリジナルの仏像を
制作することができます!是非、ご相談ください。
特注仏像について
商品について