ghtbox -->

トップ > 仏像の雰囲気でさがす > 江戸木目込人形 だいこくさま

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

江戸木目込人形 だいこくさま

商品コード : 560-064
価格 : 10,800円(税込)
ポイント : 324
数量
 
サイズ
高さ70mm 幅91mm 奥行72mm
素 材
石膏
納 期
1週間以内(取り寄せ)

商品番号 560-064
商 品 名 江戸木目込人形 だいこくさま

在庫のある商品は店舗にてご覧いただけます。
ご希望の際は各取扱い店舗までお問い合わせください。※店舗に通常展示品以外の在庫はございませんので
ご覧いただくまでにお時間がかかる場合がございます。

ありそうでなかった大黒さま

江戸木目込人形の伝統工芸師「松崎幸一光」氏が手作りで制作した木目込人形のだいこくさま。

松崎幸一光氏は飽きのこないモノづくりを心がけており、抑えた色調と独創的な形、かわいらしさの中にも日本古来の美を表現しているのが特徴です。木目込人形は木製の胴体に溝を彫り、そこに布地の端を埋め込んで衣装を着せて作る人形のことで、その名称にもなっている「木目込」という名前は、布の境となる部分に細い溝を彫り込み、そこに布を「きめこむ」ことから名づけられました。

モデルの大黒天とは?
大黒天は元々インドで生まれ、破壊・戦闘・財福を司るマハーカーラという神様でしたが、財宝をもたらす力が強大なことから次第に各地の豪商達の信奉の対象となっていき、そのことから金運の神となりました。日本に伝来された際、「だいこく」と通じるところから五穀豊穣の神様として有名な日本神話の神様である大国主命(おおくにぬしのみこと)と結びつき穏やかな容貌の福の神となりました。

姿かたちの特徴
打ち出の小槌:「槌」は「土」、すなわち米をはじめとした様ざまなものを生み出す「大地」を意味です。叩けば叩くほど宝物が出てくるそうです。
袋:中に限りない幸福が入っているといわれています。打ち出の小槌とあわせて家の宝が尽きず、豊かであるということを象徴しています。
頭巾:上を見ない謙虚さをあらわしています。

落ち着いた色合い、かわいらしい癒しの人形ですので是非、ご自宅の身近な場所に守り神として飾ってみてはいかがでしょうか?また、日本の伝統ある工芸品として外国の方へのギフトとしてもおススメです。

仏像のご相談
サイズが合わない!色が好みと違う!・・・
ご希望の仏像の取り寄せやオリジナルの仏像を
制作することができます!是非、ご相談ください。
特注仏像について
商品について