トップ > リアル仏像 > リアル仏像 十一面観音

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

リアル仏像 十一面観音

商品コード : R-004
価格 : 388,800円(税込)
ポイント : 11,664
数量
 
サイズ
高さ435mm 幅175mm 奥行175mm
素 材
クス
完売

商品番号 R-004
商 品 名 リアル仏像 十一面観音

店舗在庫について

在庫のある商品に関しましては店舗へのお取り寄せが可能です。
また、お取り寄せいただいた商品はご購入いただかなくても問題ございませんのでお気軽にお問い合わせください。

お取り寄せフォームへ

お電話でのお問い合わせは、下記店舗まで

イスム表参道店

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-48-3 サンエムビルB1F・1Fグーグルマップ

TEL:03-6419-7822
受付時間:11:00〜20:00 休業日: 年末年始

イスム谷中店

〒113-0022
東京都文京区千駄木2-33-11グーグルマップ

TEL:03-5809-0965
受付時間:11:00〜19:00 休業日: 年末年始

荘厳な逸品を木彫りで再現

その均整のとれた体躯、胸部や大腿部の豊かさ、心持ち腰を捻りつつ片脚を遊ばせた優美な姿勢を持ち、文学作品や映画などにも取り上げられたことで著名な『国宝 十一面観音』は日本における観音像の代表作と称される名品中の名品です。本作品はその『国宝 十一面観音』をモチーフに模刻された木彫り像に仏像彩色師 篁千礼(たかむら ちひろ)が彩色を施した限定制作品となります。

東洋のヴィーナス、自身の逸品

十一面観音像は菩薩面×3、瞋怒面(しんぬめん)×3、狗牙上出面(くげじょうしゅつめん)×3、大笑面(だいしょうめん)×1、頂上仏面×1 の計11 面を頭上に表すのが一般的ですが、本作品のモデルとなった『国宝 十一面観音』は、本面の左右に瞋怒面と狗牙上出面を大きく表し、天冠台上には菩薩面、瞋怒面、狗牙上出面を各2 面、背面に大笑面を表すという他に無い特徴を持っています。特に本像の大笑面は「暴悪大笑面」と称され、その笑っているのか怒っているのかも分からず、見ようによって不気味にも見える独特な表情で有名です。悪や煩悩への怒りが極まり、大口を開けて愚かな者を笑い滅する顔だとされています。また、頂上面は他の十一面観音像では螺髪をもつ如来形が一般的ですが、本像の頂上面は髻を結い、五智宝冠(五智如来を表した冠)を戴く菩薩形となっているのも他の十一面観音とは異なる特徴となります。本作品はこうした独特の個性と優美な姿から「東洋のヴィーナス」と賞賛される『国宝 十一面観音』を、仏像ワールドが45 年に渡り蓄積した美術工芸品の技術とノウハウを結集して制作された自信の逸品です。

仏像の美と畏怖を引き出す仏像彩色師

江戸時代までは仏像に彩色を施すのは当たり前のことでしたが、明治の時代になり西洋彫刻のフォルム至上主義の考え方が浸透する中で、いつしか仏像への彩色は邪魔なものとされるようになります。そのような風潮に反し、日本古来の彩色木彫を大きく復活させたのが日本彫刻界の巨星で文化勲章受章者の平櫛田中(ひらぐし でんちゅう)でした。その作品の彩色の殆どを任されていたのが彩色師 平野富山(ひらの ふざん)で、仏像彩色師 篁千礼は富山の正当後継者の一人となります。師は彩色に際し、まず仏像それぞれの性格や特性を表す紋様、バランスのとれた配色を構想します。本作品の場合は木目を活かした静かな落ち着きと金による荘厳さの表現にこだわって制作されました。この彩色により深みと上品な華やぎが加わり、優美な像の魅力が一段と際立ちました。顔料(岩絵の具、水干)、膠、胡粉、墨、金箔、金泥等といった日本画用の絵の具を用い、仏像と精神的な対話をしながら丁寧に時間を掛けて彩色を行うため限られた数の制作しか叶いません。そのため今回は僅か5体のみの限定販売とさせていただきました。

仏像のご相談
サイズが合わない!色が好みと違う!・・・
ご希望の仏像の取り寄せやオリジナルの仏像を
制作することができます!是非、ご相談ください。
特注仏像について
商品について