ghtbox -->

トップ > 日本の手技 > 高岡銅器の仏像 > 国宝 菩薩半跏像 郡順治作

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

国宝 菩薩半跏像 郡順治作

商品コード : 540-052
価格 : 108,000円(税込)
ポイント : 3,240
数量
 
サイズ
高さ310mm 幅150mm 奥行150mm
素 材
ブロンズ
納 期
1ヶ月以内(受注生産)

商品番号 540-052
商 品 名 国宝 菩薩半跏像 郡順治作

在庫のある商品は店舗にてご覧いただけます。
ご希望の際は各取扱い店舗までお問い合わせください。※店舗に通常展示品以外の在庫はございませんので
ご覧いただくまでにお時間がかかる場合がございます。

傑作が青銅像として甦る

弥勒菩薩の修行の様子を現すとされる半跏思惟のお姿、静けさと安らぎ称えた清らかな微笑み、頬に微かに触れる優美な指先の造形が魅力の国宝 『菩薩半跏像(伝如意輪観音)』は、わが国のみならず東洋美術史的にも高く評価され、その柔和な顔は古拙の微笑(アルカイックスマイル)の典型とされ、エジプトのスフィンクス、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザと並び「世界三微笑=世界三大アルカイックスマイル」の一つと賞賛されています。
この飛鳥時代の彫刻の最高傑作とされる名作を圓光寺のご住職であり国際的な彫刻家でもある郡順治が見事な造形技術で再現しました。実像の最大の特徴である微笑を見事に写し取った郡師の原型を高岡銅器400年の技術の一つである蝋型製法を用いブロンズ像として作り上げました。また、漆仕上げの着色による深みのある陰影も魅力となっています。サイズは実像のおよそ1/4となります。

郡 順治(こおりじゅんじ)

昭和43年、愛媛県松山市生まれ。
平成6年、金沢美術工芸大学大学院鋳金コース終了後、銅器の原形製作の職人に師事。現在は郷里の松山にて国際的な彫刻家として活躍。金沢国際コンペティション最優秀賞など受賞歴多数。圓光寺(愛媛県松山市)の住職。

「国指定伝統的工芸品」の第一次指定 高岡銅器

高岡銅器は高岡の開祖 加賀藩第二藩主前田利長公が、慶長14年 (1609年) 高岡城に入城され、翌々年の慶長16年 (1611年) 城下の興隆繁栄の為、鋳物発祥の地 河内国丹南郡の技術を継承する7人の鋳物師達を招聘して、金屋町に鋳物工場を開かせた事に始まります。

当初は鉄鋳物が中心であったが、江戸時代中頃から銅鋳物も盛んになり、明治期に入ると技術力は更に向上し、万国博覧会を通して世界にも紹介され、輸出品としても美術銅器は確固たる地位を築きました。

仏像のご相談
サイズが合わない!色が好みと違う!・・・
ご希望の仏像の取り寄せやオリジナルの仏像を
制作することができます!是非、ご相談ください。
特注仏像について
商品について